共有不動産の名義貸しローンの解消

・共有不動産を担保にしている名義貸しローンを解消したい

上記のような相談をよく受けています。

この名義貸しというのは、例えば高齢の親が住宅を購入する時にローンが組めないために、自分がローンを支払う約束で子供にローンを組ませ、子供が不動産の持分を取得するという場合に行われています。

その他に夫婦でペアローンを組んで自宅を購入したものの、離婚をして自宅に居住を続ける側が相手のローンも支払う場合も結果的に名義貸しをしているのと同じ状態といえます。

このように名義貸しをした場合や離婚などのように結果的に名義貸しをしたのと同じような状態になる場合、法律上のローン支払義務はあくまで名義を貸した側にあるので、名義を借りた側がローンの支払いをできないときは、ローンの支払いを求められることになります。

仮に、名義を借りた側に支払いの遅滞がない場合でも、名義を貸した側に法律上はローン債務が残っているので、名義を貸した側が自宅を購入しようと思って住宅ローンを組もうと思っても名義貸しローン債務があるせいで、ローンを断られる可能性が高くなります。

そのため、共有不動産を担保とする名義貸しローンを解消できないかという問題が生じますが、このような悩みも共有物分割請求によって解決することが可能です

つまり、共有物分割請求によって持分を現金化することができますが、そのお金で名義貸しローンを支払って完済することで名義貸しローン問題が解消できるという訳です。

担保付き不動産の売買を行う場合、買主が売買代金を用意するためにローンを組んで購入する場合、不動産に設定された抵当権などの担保権を外して貰わないとローンを組んで貰うことができません。そのため、売主に支払った売買代金で売主が担保ローンを完済して担保権が解除されることを条件に買い主が不動産担保ローンを組むことができるようになるのです。このことから、共有物分割請求によって名義貸しローンの解消ができるようになるのです。

名義貸しローンによって生じる様々な問題点については、こちらをご覧ください。

共有不動産の売却の関連ページ

共有物分割請求の関連ページ

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い弁護士の無料相談

共有不動産の売却・共有物分割請求に強い福本法律事務所は、単純に交渉をまとめるだけではなく実際の不動産売買のサポートを行い、売買代金が決済されるまでをフォローいたします
無料相談を行っていますので、お気軽にお電話ください。 また、コロナウィルス感染症が終息しないことを踏まえて、テレビ電話によるオンライン相談にも対応いたします。ご希望の方はその旨をお知らせください。

お問い合わせバナー大

テレビ電話で相談を承ります。

このページの先頭へ